ボランティア関連ニュース(外部記事):詳細

  • 環境・動物愛護
  • 地域活性・まちづくり・観光

「寒い」をイメージ打破、心躍るヒマワリ畑 寒川町で見ごろ

2022.11.22
 珍しい「冬のヒマワリ畑」が、神奈川県寒川町で見頃を迎え、約13万本の黄色が澄んだ青空と競演している。
 「寒い川」と書く町名から連想される厳しい冬のイメージを変えようと町の観光協会が発案し、今年で7年目。通年で咲くひざ丈ほどの小ぶりの品種を採用し、秋に種をまいてこの時期に満開にさせる。担い手は10人ほどのボランティアで、町内3カ所の畑や花壇で丹精してきた。
 約10万本が咲くメインの畑は24、25日、見学会として開放。26、27日には摘み取り会(有料、100円)も開く。寒川神社近くで、JR相模線宮山駅徒歩約10分。問い合わせは同協会(0467・75・9051)へ。